腰痛について

こんな症状で悩んでいませんか?

  • 朝起きると腰が痛い。
  • いつも腰痛に悩ませれている
  • 長時間座っていると腰が痛い
  • 歩いていると足が痺れる
  • ヘルニア・狭窄症と言われた事がある
  • 毎年ぎっくり腰になる
  • マッサージをしても腰痛が改善しない
  • 薬・湿布を使っても改善しない

こんな症状で悩んでいませんか?

日本人の80%以上は腰痛経験者!

日本人の80%以上は腰痛経験者!

腰痛に悩む日本人はいったいどれくらいの割合でいるのでしょうか?
実は腰痛に悩む日本人は2800万人以上と言われています。
腰痛を持つ方は本当におおいですよね!
ではなぜ腰痛は起こるのか話していきましょう。

なぜ腰痛は起こるのか?

なぜ腰痛は起こるのか?

腰痛の原因はいろいろありますが、最も大きな原因は生活習慣の中にあります。
腰痛・肩こりは日常生活習慣病と言われ、食事や座り方、立ち方、歩き方、寝方や仕事の姿勢など、どの場面でも腰痛を引き起こすストレスが腰にかかっています。

疲労からくる腰痛

疲労からくる腰痛

日常生活で重い物を持ったりする事で筋肉が疲れた感覚は皆さん経験された事があると思います。これは筋肉に栄養を送っている血液が不足しているサインなのです。血液には栄養や酸素など筋肉に必要な栄養素が含まれており、血液は働いている筋肉に栄養を送り届けています。しかし筋肉にかかる負担が大きくなると栄養がより必要となりますが、その血液が不足すると栄養が送り届けられず痛みとなって我られに疲労や痛みといったサインで知らせてくれます。

姿勢からくる腰痛

姿勢からくる腰痛

長時間のデスクワークや同じ姿勢でお仕事をされた方の多くは一度は腰痛を経験した事があるのではないでしょうか?
長時間同じ姿勢を取ると筋肉は働いているのですが動きが無いため、血液の流れが非常に悪くなります。これは筋肉が働くポンプ作用で血液をより効率良く流しているのですが、同じ姿勢で筋肉の働きが止まってしまうと姿勢維持で働いている筋肉に栄養が送れず筋の栄養不足から疲労や痛みとしてサインで知らせてくれます。

食事内容からくる腰痛

食事内容からくる腰痛

食事と腰痛の原因はあまり聞かないお話だと思いますが、最近現代人の多くは深く関係していると言われています。
我々は1日3食お食事を頂きますが、最近は間食や飽食などで胃腸が休まる事が無い環境になってきています。内臓の疲れたサインは体の表層に出てきて(内臓体性反射)痛みとして教えてくれます。また冷たい物を口から入れると胃腸の温度が下がり、血液の流れも悪くなり、栄養が送れず痛みとして教えてくれます。食べ過ぎや冷たいものを摂取する事で腰回りの筋肉が硬くなり腰痛は出現します。

筋力低下からくる腰痛

筋力低下からくる腰痛

腰は体の中心に位置し手足や頭など、どの場所を動かしても腰には負担が必ずかかります。二足歩行を獲得した人間は何をするにも腰を使うようになりましたが、腰を使う頻度が増えたにもかかわらず、現代では筋力が低下傾向にあります。便利になり運動量が減りましたが、普段の姿勢を綺麗に保つだけでも腰回りの筋肉は付いてきます。忙しい現代だからこそ、姿勢に気を付け普段から腰回りの筋肉を鍛えていく必要がありそうですね。

肥満からくる腰痛

肥満からくる腰痛

我々の背骨は奇麗なS字カーブになっていますが、お腹が出てくると、お尻は後ろに突き出た状態になりS字カーブが乱れます。この状態になると腰が反り返り腰の筋肉や骨に負担がかかります。また脂肪組織は筋肉と違い関節を保護する働きが無いため負担だけが腰にかかってきます。体重の増加はその時だけの負担では無く、体重が増えている期間永続的に負担がかかる為、関節や筋肉だけでなく神経などにも負担がかかり痛みの増強する可能性が潜んでいます。症状の悪化は常に潜んでいいますので、手術になる前にメンテナンスを随時入れる事をお勧め致します。

腰痛の対処法

温める
一般的に痛みが出たら冷やすと思われがちですが、大半の腰痛は血行不良から来ています。お風呂に入った後腰痛が楽になった経験はありませんか?大半の方がお風呂の後は動きやすいといった経験を話されています。これは温める事により血管が広がり血流が増え痛みを和らげます。血流が増える事は傷んだ細胞に栄養を送る為修復も早くなります。患者様から痛みが出た時「冷やす方がいいですか?」「温める方がいいですか?」という質問が多いですが、基本的には気持が良いと思う方を選んで頂いて大丈夫です。
温めてズキズキうずくような痛みがある時は冷やし、温めて気持ち良ければ温めて大丈夫でしょう。
楽な姿勢を取る
腰痛がある時には横向きが良い場合が多いです。仰向け、うつ伏せは腰の筋肉に力が入りやすく痛みを助長しやすくなります。横向きの姿勢は腰部に負担がかかりにくいので比較的痛みが出にくくなります。状態によって楽な姿勢は異なってきますので、自分で楽な姿勢を取るのが一番良いと思われます。

慢性腰痛は改善するのか?

慢性腰痛は改善するのか?

Snbou.medicalでは痛みの原因を探す事から始めます。 腰痛の原因は骨の歪み、冷え、胃腸の負担から来ているケースが多いと思います。歪みを整える治療で多くの症状は改善されますが、普段の生活習慣の改善も必要となります。
自宅でできる運動や適切な姿勢を取って頂く事。また食事内容や取り方についても改善が必要な場合があります。治療と運動、そして食事について治療者と患者様の行動が一致すれば改善率は大きく上がります。
当院の治療とアドバイスを継続して頂ければ腰痛の改善は見込めると思いますので腰痛改善がなかなか無い場合は、当院までご連絡下さい。

こんなことでお悩みではありませんか?

初めての方へ初めての方へ
当院のご紹介や治療の流れなどをご案内します。詳しくはこちら >

Sanbou.medical

〒590-0906 大阪府堺市堺区三宝町1-14-57
TEL090-5133-7226
  • 完全予約制完全予約制
  • 七道駅徒歩1分七道駅徒歩1分

[受付時間] 9:00 ~ 18:00

午 前
午 後

※休診日…水曜・土曜日午後、日曜・祝日

大きな地図で見る大きな地図で見る

日本DRT協会認定院

MENU(タップすると開きます)

Sanbou.medical

  • 診療時間 9:00 ~ 18:00
  • 休診日 水曜・土曜午後・日曜・祝日
TEL090-5133-7226
〒590-0906 大阪府堺市堺区三宝町1-14-57
  • 完全予約制完全予約制
  • 七道駅徒歩1分七道駅徒歩1分

TOPへ戻る